記事の詳細

DORA麻雀(ドラ麻雀)は、ネットで賭け麻雀ができるオンラインゲームです。

そのDORA麻雀にはプレイ画面にチャット機能がついています。

この機能により、対戦相手とチャットしながらゲームをプレイすることができます。プレイヤーによってチャット機能の使い方は様々です。

ここでは、DORA麻雀のプレイヤーがどのようにチャット機能を活用しているのかについて解説していきます。

 

 

プレイヤーはどのようにチャット機能を使っているのか?

DORA麻雀でプレイしているプレイヤーはどのようにチャット機能を使っているのでしょうか?

プレイヤーのチャット機能の活用方法を大まかに分類して解説していきます。

 

チャットでワイワイしながら麻雀を楽しむ

DORA麻雀は正直あまりプレイヤー数が多くないオンラインゲームなので、自然と同じ相手と対戦することが多くなってしまいます。

このようなこともあり、常連同士でチャットしながらプレイしている人は結構見かけます。

対戦相手の顔も見えないネット麻雀なので基本的にはチャットしない人がほとんどなのですが、する人同士だと常にチャットしながら打っていることもよくありますね。

まあ私はチャットしながら打つと麻雀に集中できないので、全くしないタイプですが。なのでチャットしながら打ってる人は凄いなといつも思います。

 

キレて暴言を吐く

チャットでワイワイしながら麻雀を楽しむといったように、良い使い方をしているプレイヤーだけではなく、良くない使い方をしているプレイヤーもたまに見かけます。

その代表例が振り込んでゲームに負けたときなどにキレて暴言を吐くといった使い方です。

このようなモラルのないプレイヤーはめったに見かけませんが、過去には数回ありました。

 

打牌が遅い牛歩に催促をする

打牌スピードが遅い牛歩の対戦相手に「遅い」、「もう少し早く切ってくれませんか?」などとチャットを使い催促をするプレイヤーもちらほら見かけます。

 

意味のわからない文字列を書き込む

いきなり何の前触れもなく英数字をめちゃくちゃに並べたような意味のわからない文字列などを書き込むプレイヤーが稀にいます。

何を意図しているのかは分かりませんが良い使い方ではないですね。。。

 

一時的に卓を抜ける際に一言入れる

同じメンツで連戦していたときなどに、「トイレいくので一旦抜けます。すぐに戻ってきます。」といったように連絡用に使っているプレイヤーもいますね。

このように一言入れたいときにチャット機能って便利だなと思います。

 

これらのように色々なチャットの使い方をしているプレイヤーがいますが、暴言を吐くなど悪い使い方はしないようにしなければいけませんね。

ワイワイしながら麻雀を楽しんだり、一時的な離席の連絡を入れたりするためにチャット機能を使うといったように正しい使い方をするようにしましょう。

 

 

以上がDORA麻雀のチャット機能の活用方法についての解説となります。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ネットで賭け麻雀ができるDORA麻雀

dora麻雀

低レートから高レートまで24時間いつでもネットで賭け麻雀ができるオンライン雀荘です。

プロフィール

当サイト管理人のドラゴンMJです。
ネットで賭け麻雀ができるDORA麻雀にハマり5年以上遊び続けています。

当サイトでは、DORA麻雀がどういうゲームなのか分かりやすく解説しています。

Mahjong Club完全ガイド

Mahjong Club(麻雀クラブ)完全ガイド

最高場代の35%をバック!!もう一つの賭け麻雀サイトMahjong Clubの解説サイトです。

ページ上部へ戻る