記事の詳細

Pocket

Dragon Kong麻雀(ドラゴンコング麻雀)のトーナメントには、参加費が必要な有料トーナメントと参加費が無料の無料トーナメントがあります。

基本的なトーナメントは毎日や毎週などの頻度で開催されているのですが、それとは別に特別トーナメントというものがあります。

特別トーナメントは開催頻度は低いのですが、賞金総額が大きく期待値も高いおいしいトーナメントが多いです。

ここではそのようなDragon Kongの特別有料トーナメントである『DK Mahjong Challenge』について解説しています。

 

トーナメント情報

1

トーナメント名:DK Mahjong Challenge

開催日時:毎月の第一日曜日 22:00

賞金総額:250ドル+(参加人数×5ドル)

参加費:10ドル(上乗せ金:5ドル  手数料:5ドル)

トーナメントタイプ:1卓2名の勝ち抜き戦

ルール:四人麻雀 東風戦

最小プレイヤー数:4人

最大プレイヤー数:200人

 

『DK Mahjong Challenge』は、毎月の上旬の日曜日の22時から開催されているDragon Kongの特別有料トーナメントです。

参加費は10ドルでその内の5ドルが上乗せ金です。残りの5ドルは手数料となります。

賞金総額は250ドルが運営持ちで、そこに参加者一人あたり上乗せ金の5ドルが加算されます。

この『DK Mahjong Challenge』は毎日や毎週といった頻度で開催されている基本的なトーナメントである『$10 Freeroll Warm-Up』や『Double or Nothing』とは違い、毎月1回しか開催されない特別トーナメントです。

もちろん『DK Mahjong Challenge』という名前の通り、Dragon Kongのオリジナルのトーナメントとなります。

Dragon Kongのオリジナルのトーナメントということなので、他のMahjong Logic系列のDORA麻雀などのプレイヤーは参加できません。よって、参加人数は毎回あまり多くありません。

賞金総額を参加人数が20人の場合で計算すると、上乗せ金が5ドルなので、

250+(参加人数20×5)=350ドル

まで膨れ上がります。

この場合の期待値を計算すると、

350ドル÷20=17.5ドル

となります。

参加費が10ドルなのでかなりお得なトーナメントということが分かります。

『DK Mahjong Challenge』は、毎月1回しか開催されないトーナメントですが、個人的にDragon Kongで一番オススメのトーナメントです。

 

以上が『DK Mahjong Challenge』についての解説となります。

 

Pocket

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ネットで賭け麻雀ができるDORA麻雀

dora麻雀

低レートから高レートまで24時間いつでもネットで賭け麻雀ができるオンライン雀荘です。

プロフィール

当サイト管理人のドラゴンMJです。
ネットで賭け麻雀ができるDORA麻雀にハマり5年以上遊び続けています。

当サイトでは、DORA麻雀がどういうゲームなのか分かりやすく解説しています。

ページ上部へ戻る