記事の詳細

Pocket

Dragon Kong麻雀(ドラゴンコング麻雀)のトーナメントには、参加費が必要な有料トーナメントと参加費が無料の無料トーナメントがあります。

ここではDragon Kongの有料トーナメントである『Big Bux $100』について解説しています。

 

トーナメント情報

big bux $100の情報

トーナメント名:Big Bux $100

開催日時:-

賞金総額:参加人数×100ドル

参加費:110ドル(上乗せ金:100ドル  手数料:10ドル)

トーナメントタイプ:1卓2名の勝ち抜き戦

ルール:四人麻雀 東風戦

最小プレイヤー数:4人

最大プレイヤー数:100人

 

『Big Bux $100』は、Dragon Kongの有料トーナメントの一つです。

この『Big Bux $100』は、Dragon Kongだけでなく、他のMahjong Logic系列のDORA麻雀などでも同時開催されている共通のトーナメントです。

開催日時は不定期であり、開催頻度も少ないトーナメントとなっています。

 

『Big Bux $100』は、他のMahjong Logic系列であるDORA麻雀などでも開催されているにもかかわらず、毎回トーナメントの開催条件である、最小プレイヤー数の4人さえも集まらず取り消しとなっています。

その理由としては、参加費が110ドルと非常に高額であるということが挙げられます。

この参加費の110ドルの内、上乗せ金が100ドルで残りの10ドルが手数料となります。

賞金総額は、参加人数×上乗せ金の100ドルとなります。

参加費が110ドルほどの高額となってくると、参加する可能性のあるプレイヤーは、普段から高レート卓でプレイしているヘビーユーザーあたりに限定されてきます。

DORA麻雀のオリジナルのトーナメントには、『門風杯』という参加費が400ドルという超高額のトーナメントがありますが、参加しているプレイヤーはやはり、高レートに常駐しているようなヘビーユーザーが基本となっています。

『門風杯』は期待値が高いトーナメントなので、毎回8人程度で開催されているのですが、『Big Bux $100』は期待値はマイナスです。この点も開催されない原因の一つかと思われます。

しかし、『Big Bux $100』のおもしろいところは、上乗せ金が100ドルと非常に高額であるにもかかわらず、賞金配分が1位のプレイヤーの総取りというところです。

例えば、参加人数が20人で開催されたとすれば、賞金総額は2000ドルとなります。その2000ドルは優勝者に全て与えられるということになります。

優勝すれば超高額の賞金を獲得することができる、非常に夢のあるトーナメントであると言えます。

 

以上が『Big Bux $100』についての解説となります。

 

Pocket

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ネットで賭け麻雀ができるDORA麻雀

dora麻雀

低レートから高レートまで24時間いつでもネットで賭け麻雀ができるオンライン雀荘です。

プロフィール

当サイト管理人のドラゴンMJです。
ネットで賭け麻雀ができるDORA麻雀にハマり5年以上遊び続けています。

当サイトでは、DORA麻雀がどういうゲームなのか分かりやすく解説しています。

ページ上部へ戻る